鎌倉の手仕事雑貨店

トシュカ?藍染衣料

青空をまとう

青空を思わせるような藍染に様々なモチーフが染め抜かれた
トシュカの藍染衣料。
身に着けると心も体も軽やかになるような青空色、
そして太陽のような温かみが感じられる。

トシュカの藍染めは「絞り染め」と「抜染」という技法を用いて
染め・柄付けをしています。

輪ゴムや糸を使い、模様をつけたい所を縛ります。
(ゴムで縛った所は染料が染み込まないので、
白地が残ります。)
**************************************************************
  全体のデザインが決まったら、藍染め液に浸し
繊維のポケットに染料を染み込ませます。
**************************************************************
数分浸した後藍染め液から引き上げ、
空気にさらし酸化させます。
上げた瞬間から、色がだんだん黄緑→緑→青へと
変化していき、色素が布に定着します。
この?、?の工程を好みの色になるまで繰り返し
行います。
**************************************************************
ゴム、糸をほどくと模様が現れます。
(トシュカの商品はその上に抜染で柄を入れるため、
絞り柄の上にも薄く色を入れています。)
  **************************************************************
絞り染め完成後乾燥させ、抜染という技法で
模様を入れます。
(抜染とは、一旦藍色に染めた後、藍の成分を
「抜き」、布が染まる前の白色に戻すことを利用して
模様をつける技法です。)
つけたい模様の型を布の上に置き、還元剤を混ぜた
のりをのせます。
するとのりをのせた部分の藍の成分が抜けていき白く
戻ります。
その後半日?1日ほど乾燥させます。
 
  **************************************************************  
 のりを洗い流して、乾燥させて完成です。  
トシュカ

荻原 久美子 ・立石 志穂 ・高野 恵の3人で活動。
2003年藍染めのワークショップに参加したことをきっかけに
藍染めの楽しさを知り、制作することに夢中になり、
2004年に「トシュカ」をスタート。
自分たち自身も作ることを楽しみ、手にした方が楽しい気持ちに
なるような温かみのある作品をコンセプトに制作を行う。
(「トシュカ」の意味 古代ヌビア語で「良い若木の育つ地」)

制作の他にクラフト・アートイベントやキャンプイベントへの出店活動や
2008年よりワークシップの講師も行っている。

トシュカ日記 http://toshka53.blog113.fc2.com/


商品へのご不明点やご質問など
お気軽にお問い合わせください。
例えば、
「この部分のアップ画像を
見てみたい」などなど

ネットショップ営業について

営業時間 10:00~17:00
定休日 木曜日
17時以降のご注文・お問い合わせ
へのお返事は翌日以降と
なります。
(水曜日17時以降は翌々日以降のお返事となります。)

ご利用について お支払い方法・配送について プライバシーポリシー 特定商取引法に関する記述 メールが届かない方へ